小学校では大好きな先生が沢山離任されることになりました。
残念でなりません・・・
親である私自身も先生とは担任でなくても普段からお話しさせて頂いていて 
素敵な先生とのお別れは本当に寂しかったです・・・

離任式ではララ(小6になったばかり!)が壇上でお別れの挨拶をしました。
前夜に先生との別れを思って一生懸命考えた手紙。
私も思うところが沢山ありました。


今回、ミミ(小4になったばかり!)が1年生の時に担任して頂いた
S先生が転勤。
「S先生が一番良かった!」と、ミミがとても残念がりました。


私としては、接点が多かった副校長も・・・
とっても明るくにこやかで暖かい素敵な先生でした・・・悲しい・・・


ララがクラブでお世話になったSI先生。
お手紙は先生からのご指名。
ララは自己主張しないタイプだけれど、目をかけて可愛がって下さって、
ありがたすぎます!


ララが担任してもらえなかったけれど、オモシロイU先生。
学校にたびたび足を運んでいる私は、ちょくちょくお話していました。
「先生に担任してもらいたかった〜!!」と言ったら、
「すみません!もう長過ぎて、これ以上居られなかったんです〜!」と。
お若いけれど熱心で、怖くて面白くて人気者。
残念です


それから、音楽専科のY先生!!
「先生、残念です〜」と声を掛けさせて頂いたら・・・
「ララさんは本当に良かった!!
音楽性とか感性はもちろんだけど、ララさんは人柄がほんとうに素晴らしい!
ピアノ、頑張って下さいね!私、三千円でも五千円でも七千円でも
チケット買って聞きに行きますからね!!」と。
あ〜、こんなにもララを見ていてくれて評価して下さっていたんだと、
ありがたく、改めて残念でした。


私、涙腺が緩み過ぎかな?
涙がこらえられませんでした・・・





蛇足だけれど・・・
ララの手紙が素晴らしかったと、先生方や他のお母様たちから
褒めて頂きました。感謝です。